決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

日々の日常

This is me・・ 私の理想はこれ。

奉子です。前回記事にUPしましたが、イベント止めると決めて一週間。

今は止めてしまった罪悪感と、どうして私は人前で演奏したいって気持ちは強いのに、主催をすることにどうしてこんなにメンタルやられてしまったのか?

イベント止めたら身体が楽になって動けると思ってたのに、決してそうではありませんでした。

本当は私はこうなりたかった。この曲が好き!

私

 

私は今回の企画していたイベント、自分が楽器を人前で吹きたいという想いは本当に強かった。

主催と演者という2足のわらじが自分の思った以上に重くて、メンタル壊してしまった。

主催を止めると決めた次の日から、やたらとこの曲を耳にするようになった。

 

この曲は今回のライブで、私が流したかった曲

「This is me」

そう、映画「ザ・グレイテストショーマン」で一番重要な曲と言っても過言ではない。

最近みた映画の中でよかったものは?と言われれば、絶対この映画を上げます。

私もこの人たちみたいにスポットライト浴びたかった。

私も自分らしく生きたい!

 

どこで、どうして私はこのライブオーナー主催という行動で自分や家族の歯車を狂わしてしまったのか?

私の本当にやりたかったのはライブオーナーじゃなかったのかなあとも思うのですが、そこはまだわかりません。

ただの遊びでここまで落ち込む必要ないのにね。

 

今はライブオーナー降りたことで、11月のIrisundergroundの単独ワンマンライブに、どの面下げて行けばいいのかって思う。

その会場抑えたの自分で、料金等の関係でキャンセルできなかったのも事実だから。

 

今、私が無理のない形で、みんなの前で楽器を吹いて聞いていただける機会を、イメージを探しています。

もう最初から誰かと一緒に地図絵描きながら。

 

負けない奉子でではなく、負けた奉子がどうやって次の栄光をつかむのか。

 

夫に「逃げ出した負け犬は一生日陰人生」と言われて悲しかった。

そこだけは払拭したい。

 

1日も早く、ちゃんと考えられる通常モードに戻りたいです。

皆さん、どうか私のこの紆余曲折も一緒に見守ってくださいね。

いつか、このBlogも「こんなに落ちてやがる。はっはっはー」って言いたいです。

 

最後にTheGreatestShowman のDVDとサントラ貼っておきます。

めっちゃ良いです。

Amazonプライムでもまだ有料ですが、損はしないです。

 

 

 

-日々の日常

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.