決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

日々の日常 障害と私 好きな音楽・ライブ 私の好きなこと

もともと負けず嫌いの私がなぜかメンタル不調。その中でもできること。

投稿日:

奉子です。しばらくblogが更新できていなくてすみません。

今、極度のメンタル不調に陥っておりまして、ある意味、前から予告しているイベントやりたい目的が「元気な私をみてもらいたい」なのに、そうでない自分を責めまくっています。

いろんなプレッシャーが原因なのはわかっているのですが、なぜに慣れた仕事でさえもやることがしんどくなり、自分でも不思議です。

私がこんなにプレッシャーに弱くなるなんてことあるんだね

今、私としては、ストレス原因として大きくは、

1.「仕事」。

これは後輩ができ、その後輩が自分とは全く違うタイプで、後輩が私が全く持って気にしていないことを鋭く切り込んできたため、「私はこんなことも気づけないダメな先輩だ」と自己嫌悪に陥った。

休憩を取ったのか取っていないのか取れていないのかまともに取れておらず、仕事のことが頭から離れにくい。

 

 

2.11月のイベントに関する、「ちゃんとしなければ」というプレッシャー。

これに関しては、実は、私自身はただただ「フルートを吹く」ということだけは鮮明にあって、正直それ以外は自分で何をやるのかわかっていないところがあったのです。

準備に関して、あれやこれや考えることがたくさんあるのがわかればわかるほど、そ、そんなとなっていました。

 

ひどいときは過呼吸になってしまい、胃がキリキリして食欲もあまりありません。

私、アホちゃう!!  

 

って思います。

実は今まで、この文章も書くことすら、つらかったのですが、今日はある意味、自分で自分に喝を入れたくて書きます。

↑写真に関しては自分に「FIGHT」を入れたいからです。

 

今までの私は「プレッシャーに強い。負けない私」だったのに、なぜか今は真逆な感じです。

でもこうなるのも必要だからかとは思うのですが、この不調は私にいったい何を学ばせたいのか?って思います(苦笑)

人間、必要だから物事は起こるのだと思うので。

 

メンタル不調の中で私ができたこと

なぜか行動ができない私の中でここだけはできることがあります。

フルート

フルートを吹くことです。

しんどい中でもこれを触っているときだけはフッとつらい気持ちが、抜けるのです。

フルートと言えば、8月末の発表会前に師匠が

これに答えた発表会本番は

ちなみにこちらが本番の私の写真

 

なぜか、緊張するとかあまりなくて、これまでになくニュートラルな状態で吹けたことに自分でもびっくり。

終わった後に称賛の声を何人にもいただいたので、そこそこのレベルの演奏ができたことは間違いない。

 

この状態の中の学びとしては

フルートだけは、私に絶対寄り添っているということ。

そして、11月のイベントはその私の心であるフルートをみんなの前で吹いて、「ありがとうー」の感謝の気持ちを伝えたいこと。

 

この不調でいろんな人に「イベントやめたら?」と言わせてしまっている自分がいます。

かなり準備を進めてきている中で、やめたいと思う気持ちが起こることも実際あるのですが、ここでやめたら

「骨折からは復活したけど、くろちゃんはプレッシャーから逃げた。」となり、止めたら止めたで後悔するんだろうなあって思います。

 

皆さん、メンタル不調の中でも、できることって本当に自分にとって大切なことです。

私とフルート、この機会にもっともっと向き合いたいと思います。

11月にはすべて復活して、渾身の演奏ができるように走りたいです。

-日々の日常, 障害と私, 好きな音楽・ライブ, 私の好きなこと

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.