決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

日々の日常 障害と私

<私の2018年度の決意> 身体の衰えに負けず私は私を貫き、前に進みます

2018年4月1日

奉子です。今回は2018年度の初日である本日。個人的な内容で申し訳ありませんが、自分の決意表明をきちんと文面に残したいので、備忘録として更新したいと思います。

今年は周りに絶対飲まれない。マイペースながら確実に前に進みます。

私の決断

前々回の記事で記載した「2017年度は1年間、仕事に飲まれ、他人の言葉を気にしすぎて動けなくなった私」ですが、それに気がついて、1週間過ごした前回記事でモチベーションを継続することができました。

そして、先週1週間は・・・

 

半年以上関わった私の大きな仕事を今週中にやりきる必要を迫られ、大きなプレッシャーで眠れなくなりましたが、それでもきちんとやりきりました。

人事に来てから3年。3年間やってきた社内で私がプリンターで刷っていた名刺作成の仕事が明日から完全外注に切り替わります。

 

20パターン以上あった名刺を、外注に伴いパターンを減らし集約し、その中で今のものと近い状態でかつ、見やすいものにするかが問題でした。

実は乗車の準備も98%終わっている今週水曜日になって、大きなレイアウト変更要望があり、正直もう生きた心地がしませんでした。

明日は新年度で組織替えがあるので、明日新デザインで名刺を正式発注できるようにするのが、マストでした。

そんなギリギリの変更を対応していただいた業者さんには涙が出そうになりました。

最終日の先週金曜日は、業者さんが来社され私のPCを実際使って、私が本番きちんと発注できるように、操作方法のレクチャーをしてくださいました。

 

ここまでのプレッシャーなら、この前までの私ならぶっ倒れていたはずした。

しかし

今週末の私は

金曜日こそ、さすがに疲れていたものの、春にちょっとワクワクして↓

土曜日は午前中から花見に行き

実はここですでに1時間半も歩いて足がフラフラなのに、夜には、親友と浅岡雄也さんのライブに行きました。

もちろん、もう杖無しで歩くのは不可能なぐらい足はやられました・・・昨日はたまたま車に乗せてもらえたのでなんとかなった話です(苦笑)

 

ちなみに今日はさすがにクタクタなので、家にいたのではなく

朝から「スーパー銭湯の岩盤浴」→「スーパー銭湯」→「昼食」→「ジム(機器&プール)」→「スーパー銭湯」→「ジムトレーナーストレッチ」と夕方までスーパー銭湯施設に入り浸り、家に帰宅しました。

つまり、身体疲労も、精神的リラックス効果もバッチリ本日で抜いた上で、私は明日から新年度に備えます。

自分の心がやりたい方に動く快適さは、しんどいを吹き飛ばす

心

自分を見失っていることに気がつかず、「私、頑張らなければ!」とものすごく力んでいた2017年度。

職場での初めての実習生と教育係のプレッシャーで疲弊にしていたときに父が亡くなり、落ち着いた秋頃からケガの連続で、挙げ句の果てに骨折して入院手術。

今年の初めはリハビリに必死でした。その中で咳ぜんそくにもやられ、正直悲惨でした。

 

しかし、先日の火曜日、入院手術を行った病院の診察があり、あの「痛み止め飲んででも腕曲げろ」と言った先生

「ここまで曲がるようになったなんて、本当に良かったです。ここまで曲がらない方もいる中で、リハビリよく頑張っていただきましたね。」

 

とお褒めの言葉をいただけました。そう、私は勝負に勝ったのです。。(笑)

 

ちなみに この写真が2月14日です。このときは肩というより、肩の手前の腕の一番上に指が届くぐらいだったのですが

肩まで届いた

 

こちらが本日4/1。 肩には余裕で指が届き、数本肩に置いた状態で腕が回せます。

指ついた状態で方回せます

手術した病院の先生はすでに合格点をくれましたが、今リハビリを続けている病院の先生は「まだもうちょい良くなる兆しが見える」とおっしゃっています。

なので、今は決して毎日ではありませんが、忘れないない、心に負担のない程度にリハビリを続けています。

仕事でしんどい日はもうリハビリには寄らず、家に直行しています。

 

今考えるとずっと、自分を見失っていたことから心が疲労して、そこから身体不調につながっていたのに、気がつかず「身体疲労さえ抜けば」とそこのケアしかしていませんでした。

心とカラダはつながっているというのはわかっていた中で、実際は、一瞬良くなってまた悪くなってを繰り返していました。

つまり、本当の意味では自分自身のことを理解できていなかったのです。

 

昨年の私は「身体がしんどい。動けない」理由で、行けなかった甲子園球場。

19歳の時から甲子園球場に行かなかった年なんてなかったどころか、年に5~10回は行っていたのに、行けなかったことは、自分でもかなりひっかかっていました。

 

今までもやりたいことはずっとやってきたつもりだったけど、どこかで昨年の私は確実に「仕事がしんどいし、それどころじゃない」って思っていたのが確かです。

昨年変わらず出来たのってフルートの発表会と浅岡雄也さんのライブに行くぐらいだったかもしれません。

 

先週とても仕事がハードだったのに、「行きたい」と思って花見に行き、「行きたい」と思ってライブにも行った。

ハードなスケジュールで週末過ごしたのに、今、こうしてブログを更新している自分の心もカラダもとても軽やかです。

明日は、初の名刺発注も確実にできそうなイメージかありません。

 

残念ながら私も若くはありません。また昨年と同じように転倒して大きなケガをするのは可能性としては0ではありません。

しかし、起きてもいないことにビクビクしたら動けないのです。

どこかでやりたいなと思っている自分がいるのに、昨年の私は「身体的な急激な衰えの恐怖」に完全に負けてしまいました。

 

しかし、あの「利き腕骨折」から復活して、フルートのレッスンも復活して、ライブにも普通に行けるようになった自分がここにいます。

1年前はこなせなかった仕事量を、今は残業なしでこなせる自分がいます。

人間、確実にパワーアップ出来るのです。

 

最後に一言。

今年の私 過去最強のパワーアップ目指します。「今年はええ年だった!!あれもできた。これもできた。」と来年の今頃は言いたいです。

 

以上、長文になりましたが、今年の自分に向けての忘れてはいけない気づきと決意表明でした。

 

-日々の日常, 障害と私

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.