決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

日々の日常

やりたかったけど、初めて負けました

投稿日:

sorry2
奉子です。ずっと春頃から11月にライブイベントを主催するとお伝えしてきました。

ごめんなさい。負けました。主催11月に関しては降板します。

 

イベントページ公開してから止めるって最低やつだと思います。

楽しみにしてくださっていたみなさんごめんなさい。

 

負けず嫌いの私が生まれて初めてメンタル壊して、勝負に負けました。

もう負けない奉子ではなく、思いっきり負けたんです。弱虫です。

11月はIrisundergroundに切り替わりますが、私のイベントではないので申込みは1からになります。

ライブ会場

私が前々から「来て」とお伝えしていたお友達の皆様、会場がキャンセルできなかった関係で、Irisundergroundのワンマンライブには切り替わりますが、これに関しては参加義務はございません。

Irisundergroundのライブだけでも、私が出なくても行ってみたいと思われる方は、別途ご案内しますので、ご連絡ください。

11月に関しては私が考えていた内容は全てなくなって、全く違う内容になります。

場所に関してだけ同じというだけで、時間も料金もきっと変わります。

 

私が主催を降りた理由、進めれば進めるほど体調悪化

それで、主催とはなにかよくわからないまま、ここまで進めてきたんです。

地図も上手く描けずにいました。

実は進めながら少し分かっていました。

 

私、この自分の主催としての準備に、全く楽しさが感じられない。

それどころか進めれば進めるほど色んなことが出てきて、なぜかどんどん苦しくなってきました。

周りに「こうすればいいよ」言われて、それが解決してもまた別のことでつらくなってきました。

 

主催って、自分の好きなことを好きなように進められる権利のはずなのに、出演者と主催者の両方の立場をやろうとした私は、色々な人の顔が浮かんでしまい、何をどうしたら良いのかわからなくなってしまいました。

なぜか根本に楽しさが感じられない私が、問題が起きて解決したり、友達に助けを求めたり、それを外に上手く発信できませんでした。

あろうことか、このイベントをすることに反対であった夫にそれを向けてしまい、アイデアが浮かぶどころか、苦しさばかりが増していきました。

 

しかし、この苦しさは、仕事中も、家に帰ってもずっとずっと続き、気がついたら、何もやりたくない気力がわかない鬱状態になっていました。

反対している家族にこの状態を持ち込んで良いわけがありませんでした。

家族関係も悪化していきました。

 

 

それでも私は、大好きな友人たち、皆の期待に応えるため、裏切りたくない思いでこれを強硬に進めようとしたんです。

ただ、フルートを大好きなたくさんの友人の前で吹きたい。みんなにありがとうがいいたい。

ここだけは本当にぶれなかった。

 

実は先日の8月の発表会のときも、仲間から

「くろちゃんの音色をもっと色んな人に聞いてほしい。どこか出ないの?」とまで言われたんです。

私が楽器を演奏することで何か見いだせる。そう思いました。

 

これを達成するための苦しさなら耐えよう どこかで思っていました。

だから、楽器の練習だけは真面目にやっていました。

 

しかし、イベントページ公開してから、いきなり実感することがありました。

 

私、家族踏みにじって、何やろうとしているんだろう。

強い後悔の念でした。

私、ここのまま進めても、家族も友達も幸せになれない。

 

View this post on Instagram

 

大切な私のお友達の皆様。ライブオーナー11月は急きょ一旦お休みすることにしました。ごめんなさい。 元気の塊のような私が、数ヶ月前からその元気の種をどこかに落としてしまったんです。 ただ、本当に友達の前でフルートを演奏したい気持ちは今も変わりません。 だからやろうと思ってました。 でも元気じゃない笑顔になれない私の演奏みんなに見せてもきっとみんな幸せじゃない。 みんなどうか待ってて。骨折から3ヶ月して復活したように、今、生きるのが楽しくない心の骨折からも復帰するから。 #ライブオーナー日記

奉子(ともこ)さん(@vielife.tk)がシェアした投稿 -

鬱状態の、苦しいままこれを進めて、本当に当日良い演奏ができるんだろうか?

楽しそうにできない私をみても友達もきっと幸せじゃないかもしれない。

それ以外も来ていただいて友達みんなに満足してもらうために色々な配慮考えないといけないのに、後から後から出てくる問題。

これを解決する心の体力がありませんでした。

 

そう、これは、今までの「負けず嫌いのメンタル強いくろちゃん」ではなく、メンタル弱々の意気地無しのくろちゃんです。

みなさん、本当にごめんなさい。

本当に進めれば進めるほど、上手くいかなくなるのは今回は生まれて初めての経験でした。

 

演奏したいという気持ちだけは、主催降りた今でもずっとあります。

初の主催で大きいことを考えすぎたのかも知れません。

心からワクワクする、私が演奏できる何かの形、早く探せたらなあと思います。

 

私ひとりでイベント企画するのはちょっと厳しいことも実感してきたので、それも含めて今後考えます。

今度やるときは家族も私も全員が準備も楽しくてしょうがない何かをやります。

私は絶対に演奏します!!

 

主催降りたら途端に元気になるのかあと思ったら、まだまだ不調の中ですが、必ず、はっちゃけた私に復活します。

みなさん、どうか待っててくださいね。

-日々の日常

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.