決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

おきあがりこぼしの夢 日々の日常 障害と私 好きな音楽・ライブ 私の好きなこと

ほわっとした空間が作りたい。~奉子ライブオーナー成功への道⑦

奉子です。11月の私のイベント企画、実はかなりどう進めたら良いのかずっとわからず悩んでいました。

私がやりたいものは何なのか、何に悩んでいるのか、何が不安なのか。

私、いつも人と比べてるかも知れない。一般的な型にはまろうとしているかも。

よくわからないモヤモヤに襲われて体調不良になってきたので、ヒーラーでもある、コンサル兼、一緒にコラボするIrisundergroundのボーカルニシカワさんにある日、助けを求めました。

ふと書いてみた、このイベントの企画内容や悩みも含めたものを持って・・・


そこでわかったことは、私は常に誰かと比べて、「一般的なイベントの募集は今はこうしているから」とか、「支払いはネット決済が主流だから」「チラシは津作らなければならないとか、他のIrisundergroundのオーナーさんと同じようにしないと不親切かもとか、色々なものにとらわれていることです。

ニシカワさんに言われました。

「そもそも、オーナーライブ自体が一般的じゃないのに、他の人と同じようにする必要ないよ。くろちゃんの見せたい物って何?誰に何が見せたいの?」

 

私がみせたいのはほわっとした音楽空間。お世話になった人へのありがとう

私

その後、今回の私のイベントの想いの引き出し役のKさんがが動画や撮影につきあってくださった。

いつもありがとうございます。

 

自分の演奏する写真を見て、ちょっとびっくりした、これ本当に私なの?

このほわっとした空気の人誰よ?(笑)

 

この今回のイベント、昨年の骨折入院事件がなければ、絶対やろうと思わなかった。

それだけは断言できる。

入院して、手術までしてやりたかったものは何なのか。

 

ただ、ただ 好きなフルートを止めたくない。

趣味でも25年以上続けている音楽をずっと続けたい。

 

私のことを知っている友達に、いつも応援してくれる友達に、ただ、「ありがとう」がいいたい。

 

入院中に、Irisundergroundニシカワさんが執筆した本、「バビルサ哀歌」を読んだ。

ニシカワさんをもっと知りたいと思った。

ヒーリングを受けたいと思った。

 

骨折して、退院して2日後にIrisundergroundのライブがあった。

ヒーラーのニシカワヒサコさんが「この楽士と一緒に演奏したい」と思ってやるのがイリスという音楽パッケージ

そのため、そのときによって楽士が違う。

 

ひとりではまだ危ない時期。友達に、会社まで迎えに来てもらってでも行きたかった。

→そのときの動画、私が一番好きな曲「APPLE GENE」

 

私がイリスを知り、CDを聞き、ライブに行くとなんだか心が動いた。

骨折をきっかけに本も読み、さらに好きだと思ったヒーラーのニシカワさんがやる音楽パッケージであるIrisundergroundだったから、

きっときっと、私と一緒に演奏していただいたら、「お世話になった人への心からのありがとうとIrisundergroundの音楽の力」が一緒に伝えられる。

 

Irisundergroundと一緒に肩肘張らない私の、ほわっとした音楽空間でみんなに楽しんでもらえる空気感を作りたい。

きっと、他のプロのアーティストさんじゃなく、イリスじゃなきゃいけない理由はそこなんだと思う。

 

私は主催者でもあるけれど、今回は演者でもあります。

もちろん、演奏は何曲かだけですが、今、来月に延びた発表会も含め、楽器の練習は頑張っています。

素人でもなんとか伝わる演奏がしたい。

そんなこんなでとにかく当日の演奏を一番頑張りたいです。

準備もシンプルにしたいので、他の人がやっているような気遣いは、便利さはできないかもしれない。

申込みも事前振込にしようと思っています。

 

今、イベントページ制作中なのですが、オープンまでもう少しお待ちくださいね。

-おきあがりこぼしの夢, 日々の日常, 障害と私, 好きな音楽・ライブ, 私の好きなこと

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.