決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

おきあがりこぼしの夢 日々の日常 障害と私 好きな音楽・ライブ

奉子の初イベント企画~ライブオーナー成功への道③

2018年4月25日

奉子です。私の初のイベント企画。ライブオーナー成功への道の3回目です。

会場探し。少々難航中

ライブ会場

前回の記事で、「バリアフリーで、かつ、広い会場」を探そうと決意したところまでお話ししました。

そう決めてから、「ライブのできるレストラン・カフェ」で、かつバリアフリーであることをイメージし、探し始めました。

 

ライブの出来るカフェは、そこそこあったのですが、ネットで調べて写真を見る限りは狭そう。

私のイメージは、35人~50人がゆっくり座って隣を気にせず、お茶が飲めるイメージでした。

しかもその人数の中には、数名の車椅子ユーザーも含まれます。

 

なかなかない。

サイトを見て、「ここならいいかも」と思ったところがありました。

イリスのことや、私のやりたいイメージを記載し、問い合わせをしました。

 

しかし、そこのお店はエレベーターなしの2F。

お店の方も2人でお店を回しているため、車椅子対応ができないとこのこと。

ああ、残念。

 

その後、毎年有名な音楽イベントを行っているカフェがあることを思いだし、検索。

そのカフェには、その大きいカフェ以外も小さいイベントスペースを抱えていることがわかり、自ら下見に行きました。

バリアフリー。駅前。立地は最高でした。

 

しかし、その小さい方のイベントスペースは思ったより小さく、お客様が窮屈かもしれない。

その後、小さい方のイベントスペースは音漏れの関係もあり、ライブは不可ということが判明。

 

調べたり、イメージしている間に私のイメージ会場キャパはどんどん大きくなっていきました(笑)

最初は35~50人のキャパと言っていたのに、今は50人~70人ぐらい来ていただける会場で検討中。

みなさん、どしどし参加してくださいねー。

 

これ以外にも問い合わせをしていますが、もう1週間近く返事が来ず、そういうこところに食いついている時間もないので、

今、ふたつの会場のどちらかで検討中です。

 

毎年有名な音楽イベントをやっているカフェか

平日だけど、食事前提のレストランか

 

アーティストさんの都合もあるので、会場と日程は早く決定したい。

10月末か11月初旬か、決定した会場により日程が変わる予定です。

 

本当は土日で値段が安くて、飲食も出来る広い会場があれば一番よいのですが・・・

 

4/25現在、進捗はこのような感じです。

 

今日もイリスのご紹介

前回紹介した、曲以外の動画をUPします。

「翅の音」(はねのね)

 

ボーカル 「ニシカワヒサコ」さんの本

「バビルサ哀歌」

(いつもみたく画像が上手くでなくてすみません)

 

この本、昨年12月の骨折入院中に読みました。

この本を読んで、イリスのニシカワさんの人となりがわかって、ますます「この人好き」になりました。

とっても面白い本なので、イリスに興味を持たれた方はこの本もぜひ読んでみてください。

 

-おきあがりこぼしの夢, 日々の日常, 障害と私, 好きな音楽・ライブ

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.