決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

日々の日常 好きな音楽・ライブ

仕事のつらさを癒してくれたのはやっぱりライブでした。

投稿日:2011年12月29日 更新日:

癒やしイメージ

くろです。毎日叱られる恐れと襲ってくる、大量の仕事に押しつぶされてそうになっておりますが、そんな私を癒してくれたのはやっぱり音楽でした。

12月は、本当に心から癒されたライブに2本参加しております。

ライブレポとしては普通すぎてあまり面白くないかもですが、タイナカ彩智ちゃんのコンサート当日、実はその裏で、仕事で顔面蒼白になる出来事があったのです。

あわせてご紹介します。

タイナカ彩智ちゃんクリスマスチャペルコンサート

12月16日(金)はタイナカ彩智ちゃんと、クラシックのソプラノ歌手であるさっちゃんのお姉さん「田井中悠美」さん姉妹でのクリスマスチャペルコンサート。

このコンサートは神戸の協会で19時~ありました。

私が平日の19時~のコンサートに間に合うようにするためには、会社を17時には出発する必要があります。

しかも毎月16日は大きな仕事がある日で、ライブの開催が決まった時、最初は行くのをあきらめていました。

 

しかし、さっちゃんとさっちゃんのお姉さんが一緒に見られるコンサートなんかめったいにない。

そして神戸でクリスマスシーズンにチャペル。

ということでどうしても行きたかったので、上司に相談し、フレックスで、いつもより1時間早い17時に会社を出ることを許可していただきました。

 

さっちゃんのお姉さんの歌うクラシックはチャペルにはぴったりで本当によかったです。

さっちゃんとのジョイントももちろんよかったのですが、最初さっちゃんは、自分だけの出番の時になぜか持ち歌の中で

ちょっとぶっとんだコミカルな曲をチャベルで歌ったもので私は「え~」と思っていました。

さっちゃんのお姉さんのファンの方から見たら「この妹はこんな歌を歌ってるのか!」って思われるのに・・ってね。

 

でも、最後の最後のお姉さんとのジョイントで一番いい曲を持ってきてくれたので本当に満足です。

神戸まで行って本当に良かったです!!

来年も姉妹のコンサートがあったら行ってみたいです。

 

浅岡裕也さんクリスマスコンサート

実は24日は元FIELD OF VIEWの浅岡雄也さんのクリスマスライブに行きました。

場所はヒルズパン工場。

前回会場に行くのに、全く逆の方向に歩いてしまい、えらいことになりましたが今回は道に迷わずすぐ到着。

いつもの車椅子の親友と、今回はもうひとり友人もいて3人で参加しました。

 

この会場のライブ。前回はオールスタンディングだったため、同じ会場で見るのをあきらめて上から見ていたのです。

しかし、今回は100名限定のイスありだったので同じ会場で見ました。

 

今回は元FIELD OF VIEWのキーボード。安倍潤さんもサポートとして参加。

私としては浅岡さんと安倍さんが同時に見られるのでどうしても行きたかった。

 

久しぶりに聞く安倍さんのキーボードはとても心地が良かったです。

しかし、一番最初にメンバー全員がサンタの格好をして出てきて(浅岡さんはトナカイ)大笑い。

メンバーの中で安倍さんが一番嫌がっていました。

 

今回は全体的にアコースティックライブでしたが、FOV時代のかなり懐かしい曲も聞くことが出来本当に良かったです。

今回は一番後ろで見ていたのですが、誰も立たなかったため、車椅子の友人はずっとバッチリ見えていたようで私も嬉しかったです。

 

帰り際、安倍さんが自ら自分のCDを売っていて、買ったら握手とサインをしてくれました。

とっても嬉しかったです。

ライブの後に、友人たちと喫茶店でお茶をして美味しいケーキもいただきました。

えー!交通費と経費締作業私ひとり。なのに私の前日仕事ミス発覚

さっちゃんのコンサートがあった、16日は、私の仕事上、月に2番目に忙しい日でした。

どうしてもライブに行きたかったので、間に合うためには17時に退社する必要があり、上司も「仕事手伝うわ」ということだったのです。

しかし、フタを開けてみるとその上司がなんと有休を取得してしまい、手伝うどころか私一人ですべての仕事をすることになってしまいました・・・・(T_T)

上司の有休は前日にはわかっていたので、「まあこうなったらやるしかない!」と私は16日当日はいつもより1時間早い8時前に出社し、17時で帰るために備えました。

9時を過ぎ、みんなが続足とやってくる中、後輩と「今日は私は17時に絶対出るから」と話しながら仕事をしていました。

ところが、10時過ぎに本社から来たメールに私は顔面蒼白になりました。

前日私がやった仕事の中で大ミスが発覚したのです!!

対処としては私ひとりで勝手に判断できるものではありませんでした。

焦る私。どうしよう、上の人に誰も連絡がつかない!!

すぐに上司に連絡をしました。しかし会社貸与のPHSも個人携帯も全く電波が届かないようでつながりません。

支店長もこの日は振休で着信は残せたもののすぐにはつながらず・・・・

午前中はこのことで本来のメインの仕事が手につかず止まってしまいました。

昼休みに気持ちを切り替えようと必死でしたが、誰とも連絡がつかないのでどうしたら良いのかずっと不安でした。

上司に連絡がつかないまま午後になり、しばらくして支店長と連絡がついたので、報告し対処法を相談しました。

 

指示もいただいたので、とにかくできることは全部やりました。

それから後は、その日のメイン仕事に集中したのですが、タイムリミットは17時。

もちろんミス発覚のせいで、ペースは乱れ、予定はズレズレでした。

助けてくれた後輩。ありがたい

そんなとき、後輩に「私に何かできることはないですか?」と聞かれ、このメイン仕事は彼女には教えていないため、下準備だけを手伝ってもらいました。

しかし、この下準備だけでも後輩が手伝ってくれたおかげで、予定したところまで仕事を終えて、私は最終的に17時過ぎに会社を出ることが出来ました(^O^)

 

もう本当にこの日だけは後輩がいてくれて本当に良かったと心から思いました。

私ひとりではもうパニックになり、17時で予定のところまで仕事をして帰るのは完全に不可能だったと思います。

よかった。コンサート間に合った!

最終的に友人とも合流でき、さっちゃんたちのチャペルコンサートに間に合いました。

しかしこの日、仕事で顔面蒼白になったせいで、途中で腹ごなしする余裕も全くなく、しかも会社からもダッシュで神戸に行きました。

そのため、さっちゃんのコンサート会場についた頃には、かなり気分が悪くなっていました。

いつものはしゃぐ系のライブだったら、絶対に途中で倒れていたと思います。

今回チャペルで、本当にゆっくり座って聞くコンサートだったのが幸いでした。

助けてくれた友人もありがとう。

ずっと体調が悪かったので、一緒に行ってくれたいつもの友人が途中までずっと一緒に帰ってくれました。

帰りのJRももちろん座れるわけもなく、一緒に京橋駅までつきあってくれたのでとても助かりました。

いつもお世話になり本当にありがとうございます。

結局、この私が顔面蒼白になった事件ですが、なんとか大事にならずに済みました。

-日々の日常, 好きな音楽・ライブ

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.