決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

日々の日常 障害と私

遅ればせながら、マインドフルネスを意識し始めて2週間目。メンタル状態報告。

投稿日:

奉子です。もともと超ポジティブな私が感じている、一般的にいううつ状態。

マインドフルネスを初めて、2週間目の先週、報告を書くことができずにすみません。

2週間前の報告と合わせてご覧ください。

2週間分あるのですが、長くなるので、これは先週分のことを記載しますね。

2週間目は、音楽の力を借りた翌日はメンタルが落ちなかっためでたい体験。

音楽3

 

1週間目の報告と比べると、明らかに少しずつ調子が上がってきているのは感じることができます。

 

10月14日週

14日 日曜日 睡眠 3-4 調子✖→△

先生のコンサートに行って気持ちが上がる。自宅に帰り、フルートが吹けた。音楽の力はすごいと思った。

15日 月曜日 睡眠5-6 調子◎

数か月ぶりのらくちんな感覚。仕事も調子が良く、家に帰っても作業ができた。

スタバのアップルパイを本当に美味しいと感じることができた。

 

16日火曜日 睡眠 3-4 調子△ー✖

前日に張り切りすぎた反動か、落ちた。本を読んでも全く入ってこない。

 

17日 水曜日 3-4  調子△ー✖

職場でも今日は集中できず。ただ、終わり際の最後の1時間ぐらいはましだったかも。

 

18日 木曜日 3-4 調子△ー✖

職場で1日何やっていたかわからない感じ。

 

19日 金曜日 3-4  調子   △

気分にむらがあり、力がでにくい感じ。昨日よりはましな気がする。

夜に突然ジムに行きたい気が起きる。ジムの時間は集中できた。

翌日急に外に出たい気が起きる。相手を探したら、いきなり快諾で嬉しかった。

 

20日 土曜日 3-4   〇→△

ひとりで電車に乗って、不安にならず神戸まで行けた。梅田も通ったが大丈夫だった。

しかも、数年ぶりに心が震えるほど美味しいケーキをいただいた。お腹が可能ならもっと食べたいと思いました。

神戸G線のハロウィン

ちなみにこのケーキは神戸G線さんです。

本当に本当に美味しいです。

これこそ、マインドフルネスを意識を意識して五感を総動員して食べる価値があるケーキです。

 

こんな素敵な風景に連れて行っていただいた。

神戸の空

しかし、夜になると身体も冷えて恐怖感が出て、心が定まらなくなってしまった。

一緒にいた友人が帰りはヘルプしていただいた。

 

マインドフルネスを初めて2週間目は、週末に初めて外に出たいという気持ちが「つまり何々したい」と思える日が出たのは大きいなあと思った。

しかし、出かけたのは良いが、出先で不安感に襲われることがあるため、自分ひとりで、以前みたいにグイっと外に出られなくなってしまったというのは正直あります。

マインドフルネスをもっと身に着ければ、この突然起こる不安感も対処できるだろうなあと思う。

もうちょっと頑張ろうっと。

 

2週間目もとにかく、深呼吸や水を飲むや、おでこや鎖骨さすりはかなり意識はして過ごしましたが、10秒ももたず、なかなか難しいです。

それでも、「私はマインドフルネスを意識して過ごすこと」という気持ちは前にはなかったことなので、やっぱり何もしていないわけではないのです。

 

ジムトレーナーから言われているトレーニングをそれだけは不調でもなんとかやって出かけるため、ある意味、足の調子は決して悪くはないのです。

そこはよかったなあと思います。

 

ただ、神戸に行って、思ったより冷えて足が固まってしまい、杖もなかったのでかなりきつかったのです。

やはり近所以外の外出は、これからは冬場は念のため杖も持っていくべきか、防寒対策でなんとかするかというのが先週の反省です。

 

ここから3週間目、ちょっと改善傾向が起こるのですが、それはまた次回に。

-日々の日常, 障害と私

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.