決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

京阪電車 鉄道

リアルおけいはん、京阪電車新車両「13000系」に初乗車!も翌日「人身事故に遭遇」?

2012年7月8日

くろです。先週木曜日から、会社の健康診断やら、通院やフルートのレッスンやら、超多忙な週を過ごしておりました。

木~日の間で「お前は京阪で何往復しとるんや?!」状態です。

しかしこの週末は私、「リアルおけいはん」的には、なぬ? な出来事が多く、お伝えしたいと思います。

かっこええやん。新車両13000系に初乗車

京阪電車13000系

昨日土曜日「黄檗」~「中書島」間宇治線に乗りました。

そこでやってきた電車はニューフェイスの「13000系」 ちゃんと乗車したのは初めてでした。

電車の顔も気に入ったし中の内装も座り心地も良い。

「いいじゃんこの電車!」

13000系という数字も気に入った。

ちょっとお気に入りの電車がひとつ増えました。

中書島からの淀屋橋行き特急は、「はずれ特急新3000系」

大阪に帰るため、中書島から特急に乗車したが座れず、中書島~京橋間35分立ちっぱなし。

私が乗っていた電車は新3000系の快速急行型車両。

いわゆる「はずれ特急」座るいすが極端に少ないのです。

 

来た瞬間舌打ちしてしまったぐらい。
さらに立ちっぱなしだったために、途中で酔って気分が悪くなりました。

京橋に着く頃には・・・・・フラフラです!

 

途中で唯一良かったことは寝屋川車庫にいた旧3000系特急を見られたこと。

日々の日常で、大好きな旧3000系に会えたら、「今日はラッキー」と思っているアホな私。

「そりゃここにいたらすれ違わないわね」って思った。

わーい(^o^)今日は旧3000系に乗れた。しかし帰り道に・・・

電車と踏切(京阪ではありません)

そして本日、京橋からフルートのレッスンのためにいつもと同じ時間に特急乗車。

ところがやってきた電車が私の大好きな旧3000系特急車両。

今日は朝からついてるやん!と思った次第。

思わず降車駅の中書島で、見送りまでしてしまった。

ちなみに見送りとは心の中で「いってらっしゃい。」と思い、手を振ることです。

 

その日はレッスンの帰りに実家に寄り、帰りは父が京阪最寄り駅まで送ってくれました。

ちょうどタイミング悪く、「目の前で1本電車逃したかな」と思っていたら、なぜか駅の遮断機が閉まりっぱなしで電車が来ない。

遮断機の故障かな?と思っていたらそこでアナウンスが流れました。

 

「ただいま藤森駅で人身事故が発生しました。電車到着までしばらくお待ちください」

え~人身事故。私大阪帰れるんやろうか??しかも藤森って隣の駅なんだけど・・・・

と思っていたら私が「はずれ特急」と読んでいる新3000系快速急行型車両が通過。

ずっと閉まっていた遮断機が、やっと上がりました。

 

私はその後すぐに来た電車で大阪に向かい、定刻より5分遅れぐらいで大阪に帰ってきました。

 

しかし、なんとその私が駅で遮断機が閉まりっぱなしのときに最初に見た特急が、隣の藤森駅で人身事故を起こしたことがわかったのです。

私の乗った特急は人身事故特急の1本後で、しかも先頭車両に乗ってしまったがため、徐行しろだの乗客に説明しろだのいう指令が全部聞こえてしまった。

私が見た事故った特急にも「運行には問題ないでしょうか?」という無線が聞こえた。

 

私は墨染駅でその電車を真正面から見ているが破損している様子はなかった。

しかしやはりどこか破損した場所があるらしい。

 

予想では、踏切で通過している電車に車が横からぶつかったとかじゃないかと思う。

「人身事故起こして、こんなにすぐに再開できるってことは死者はいないに違いない。」

そう思ったリアルおけいはんでした。

-京阪電車, 鉄道

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.