決してあきらめない障害者の作り方

Vielife


出生時、「3,4日の命」と言われた私がすでに40代。
「人生あきらめなければ何でもできる」を
全ての人々に証明したい。
そんな私の生命エネルギーが燃焼する瞬間を語ります。

日々の日常 障害と私

うつ状態から脱出しよう大作戦ー現在の私の状態と次の計画

投稿日:

奉子です。現在の私ですが、自分でもぐちゃぐちゃ過ぎて困っています。本当に笑えます。

もう、もともと「超ポジティブ」がここまで「超ネガディブ」になれるってのがある意味すごいです。

ここからどう這い上がるのかを記録に残すのも良いなあと思ったので(私みたいなのも、こんなになるんだという体験記)もうぶっちゃけます。

はっきり言って、何のやる気もおきません。常に何をしたら良いのかわからないのです。

パニック

11月にやるはずだったオーナーライブのオーナーは降りました。そこはもう終わったはずです。

なのに、毎日「何かで「ここのあれできてない」どうするの?」という夢を見ます。

さすがに2時間に一度目が覚めることはありませんが、嫌な気持ちで目が覚めます。

 

さらに正常なときだと「朝起きて、顔洗って服はこれを着て、ご飯を食べて」と工程が勝手に浮かんで身体が先に動くものですが、可能であればずっと横になっておきたい。

という気持ちと、何をすれば良いのかまったくわからない、という不安感とやりたくない。

さらに出かけていて急に恐怖感に襲われることもあります。そのため、出かけるにもかなりエネルギーが要ります。

 

結果的に、着る服を決めるのにも時間がかかり、早く起きているのにも関わらず、仕事にも行きたくないと感じてしまい、ギリギリしか動けません。

食事の味があまりしません。

1週間先の予定を考えるのが本当にしんどいのです。

 

仕事でも日常でも

 

今、頭の中がごちゃごちゃで目に入ったものが全て気になって、優先順位がつけられなくて分けられない。自分のことと他の事を分けて考えて客観視ができない。

頭の中でごちゃごちゃ過ぎてパンクしそうになり、声をあげたくなる時があります。

 

そんななので、仕事も集中できず、今まで1日に10できていたことが2ぐらいしかできずに自己嫌悪に陥っています。

職場でも不安感が強すぎて言われていることが入ってこなかったりします。

 

明らかに自分の状態が通常ではないので、上司や同僚に、「不安感が強すぎて、いろんな仕事が目に見えて優先順位がつけにくい。うまく仕事が進められない」と今の状況を伝えておきました。

ただ、上司曰く、「ホンマにやらなあかん仕事はちゃんとできているし、迷惑かかってないよ」と言われましたが、明らかに春の状態と違うのは自分でもわかる。

 

今、ほぼ24時間その状態で、そりゃきついです。

 

原因として
① イベントを最後までやりきれなかったことの多少なりとも罪悪感。(実は今楽器を吹きたいと思えないのです)

② イベントやめたら家事もできると思っていたのに、結局今、これ一般に言うとうつ状態で、意欲が全くわかず「食べたいもの」すら浮かばないので、好きでない家事はもっとできない。

③ この状態が続いているので、夫の人生を奪っている罪悪感。

④ 結構できる後輩ができ、仕事を分けたことでの虚無感、さらに頭の中で後輩のことを常に気にして、自分の仕事と後輩の仕事のことが頭の中をめぐってしまい、結局集中できずない。

時間があるのに仕事が最低限のことしか処理できなくなってしまった。そこでの自分への罪悪感、自分への不安。

 

以上、私に必要なことは

 

  • 何もやる気の起きないうつ状態から1日も早く脱すること。(なぜここまで引きづっているのか自分でも原因不明)
  • 私は人のことを気にしだすと自分が埋没してしまい、他人と自分が分けられない状態になるそうなので、そこを脱すること。
  • 早く楽器が吹きたいと心から思えること。
  • 仕事の時間はまともな判断ができるようになること

今、私がこれの対策として取り組んでいること

挑戦

寝る前にしていること

1日7時間は布団の上にいること。

このとき、良い睡眠に入れるように、自律神経に良いとされる音楽CD or 自分が聴いて心が落ち着く曲を聴くこと。

(キャンドルを見る、水の流れをじっと見る、せせらぎの音を聞く)等も実施中

スマホは寝る1時間前からできるだけ見ないでおく。(これ、なかなか難しいです)

朝取り組んでいること

朝ごはんに自律神経に良いとされているバナナを食べる。

朝起きたらストレッチや他軽い準備運動をしてから(事務の先生に勧められたものも含む)仕事に行く。

 

ちなみにこれはこちらの本を参考にしました。

この本についてはまた落ち着いたら書きます。

 

 

なのですが、次回記事にきちんと書こうと思いますが、これに今日から追加したいことがあります。

「1日10秒マインドフルネス」です。

 

マインドフルネスとは、「今、ココに集中する技術。今、自分がどんな状態なのかを客観的に捉える技術」のことで、

ネガティブ感情を手放し、癒す技術とされ、もともとお釈迦様が悟りを開いときの瞑想状態とされています。

 

 

私がやっていたNLPでいうとメタ視点(自分を客観視できる状態)もこれにあたると思います。

仲間にも「今の奉ちゃんには分けて考えることと、メタで考えられば良くなる」とアドバイスは受けたのですが、そこが今はまだできない。

というわけで、これ、10秒マインドフルネス練習してできるようにして、メタ視点で客観視できる自分を戻そうじゃないの?

という話です。

一言でいうと、自分が「不安にとらわれているな」とか「しんどいな」「他人のこと考えてるな」と思っているなを自分で気づいて、「今ここ目の前の仕事」に集中できる自分を戻したい。

 

マインドフルネスについての具体的なワークは次回じっくり書こうと思います。

とりあえず、今文章がを書けているということを良しとしたいと思います。

-日々の日常, 障害と私

Copyright© Vielife , 2019 All Rights Reserved.